米菓大手の三幸製菓(新潟市北区)は22日、佐藤元保最高経営責任者=CEO=(53)が3月末で辞任すると発表した。2022年に従業員6人が死亡した工場火災で、業務上過失致死傷容疑で書類送検されていた。佐藤氏は辞任理由を「再発防止策を全ての生産拠点で実施できる体制が構築できた」とするコメントを出した。

 後任の代表取締役社長は山下仁最高執行責任者=COO=(66)の予定で、4月1日の取締役会で正式決定される見通し。

 火災は22年2月11日深夜に発生。「F棟」と呼ばれる建物約8800平方メートルが焼け、60〜70代の女性アルバイト従業員4人と20代の男性社員2人が死亡、1人が負傷した。