西日本と東日本太平洋側は26日、大気の状態が非常に不安定となる見通しだ。気象庁は、雷を伴う大雨となる場所があるとして、土砂災害や浸水、河川の増水、激しい突風に注意するよう呼びかけた。

 気象庁によると、日本付近では、九州にある前線を伴う低気圧が急速に発達しながら、本州の南岸を東へ進む。また温暖前線が四国を通り、日本の南から東に延びている。

 低気圧は26日夜には、関東の東に到達。低気圧や前線に暖かく湿った空気が入り、大気が不安定となる。

 真っ黒な雲が近づいたり、急に冷たい風が吹いたりすると、積乱雲が接近する兆候となるので、安全な建物内へ入る必要がある。