内閣府は26日、男女間における暴力に関する調査の結果を発表した。調査は1999年度以降、3年ごとに実施。交際相手からの暴力被害の経験については2014年度以降に尋ねているが、今回は18.0%で過去最多だった。約4割はどこにも相談しておらず、内閣府の担当者は「相談しやすい環境整備を進める」としている。

 調査は2023年11〜12月、全国の18〜59歳の男女を対象に実施。2950人から有効回答があった。配偶者や交際相手からの暴力のほか、ストーカー、同意のない性交などの被害について尋ねた。

 男女別でみると、配偶者からの暴力被害の経験は、女性が27.5%、男性22.0%だった。交際相手からは女性22.7%、男性12.0%。被害割合はいずれも前回の20年度調査から増加した。

 不同意性交などの被害に遭ったのは女性8.1%で、男性0.7%だった。被害を受けた人の55.7%がどこにも相談していなかった。

 被害時期を複数回答で問うと「20代」が約4割で最多。「小学生の時」も1割以上だった。