横浜市立中2年の女子生徒がいじめを受けて自殺した問題で、生徒の遺族代理人の石田達也弁護士は27日、過去に起きた市立学校の子どもの自殺に関し、背景にいじめがあったかどうか外部の第三者や有識者による検証を求める遺族の申し入れ書を市教育委員会に提出した。

 申し入れ書は、女子生徒が亡くなった現場にいじめを訴える言葉を記した手帳が落ちていたのに、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」としてすぐに調査しなかった市教委に対し憤りを表明。過去事例についても市教委のみによる検証は「全く信用できない」と指摘した。