格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパンの乗務員らでつくる労働組合は29日、労組幹部への解雇処分の撤回を求めて予告した大規模ストライキを、3月中は実行しないと発表した。会社側がスト参加者への懲戒処分を示唆したためとしている。

 労組によると、執行委員の男性がパワハラをしたとして、諭旨解雇処分にすると会社側から3月上旬に通告を受けた。労組側はパワハラを否定し団体交渉したが、撤回しないと回答があり、大規模ストを通知していた。