羽田空港で日航と海上保安庁の航空機が衝突した事故で、全身やけどの重傷を負って入院していた海保の男性機長(40)が3月下旬に退院したことが3日、関係者への取材で分かった。