海上自衛隊は8日、事実上の空母化に向けた改修工事の第1段階が完了したヘリコプター搭載型護衛艦「かが」を、広島県の海自呉基地で報道各社に公開した。ステルス戦闘機F35Bが離陸できるよう、艦首部を台形から四角形に変更したほか、着陸時の熱に備え甲板の一部を耐熱化した。

 2017年3月に就役した海自最大級の艦艇で、艦首から艦尾までを平らに貫く甲板を備える。22年から進めていた改修が今年3月に完了。F35Bが発着する際の目印となる灯火や、オレンジ色の線を新たに備えた。

 艦長の国分一郎1等海佐は「これだけ大きな工事は海自にとって初めて。F35Bの運用能力を備えてさらに多機能となった」と強調した。