暴力団排除運動の先駆けとなった、1980年代後半の浜松市の組事務所撤去運動に尽力した日弁連元副会長の三井義広氏が7日、病気のため浜松市内の病院で死去した。67歳。浜松市出身。