レオパレス21のアパートで建築基準法に違反する施工不良があったとして、岐阜市のオーナーの男性が、同社に補修費など約2千万円の損害賠償を求めた訴訟は、名古屋高裁で和解が成立したことが16日、分かった。