立憲民主、希望など野党の女性議員有志は13日、財務省で上野賢一郎財務副大臣と面会し、複数の女性記者へのセクハラ発言を週刊新潮で報じられた福田淳一財務事務次官の更迭を要求した。上野氏は「麻生太郎財務相に伝える」と述べるにとどめた。

 終了後、社民党の福島瑞穂副党首は「事務方トップが下品なことを言い、力を使い女性記者に迫るのは人権侵害だ。女性差別であり、とても看過できない」と批判した。記者団の質問に答えた。

 上野氏には麻生氏宛ての申し入れ書を手渡した。(1)事実関係の調査と速やかな公表(2)事実と判明した場合は福田氏を更迭―を求めた。