全国知事会は17日、東京都内で会合を開き、埼玉県の上田清司知事(69)を新会長に正式に選出した。任期は2年。山田啓二前会長(64)の京都府知事退任に伴い10日まで推薦を受け付け、35知事が推した上田氏以外に候補者が出ず無投票となった。会長交代は7年ぶり。

 上田氏は会合後の記者会見で、アベノミクスの恩恵が地方に行き渡らず、地域間格差が拡大していると指摘。「日本が抱える課題は地方にある。解決するモデルケースを国に提案する先進的な組織にしたい」と抱負を語った。