女性問題が取りざたされている新潟県の米山隆一知事が17日、自身の進退を検討する考えを表明したことを受け、県政野党の自民党や、米山氏を支えてきた社民党からも「続投は厳しい」(小山芳元県連代表)と辞職を求める声が出た。新潟県は、米山氏が19日に臨時記者会見を開くと発表。進退を表明するとみられる。

 小山氏は取材に対し、16日夜に自身を含む県政与党関係者らが米山氏に辞職を進言したと明かした。同時に「県議会が持たない」と語った。

 一方、民進、社民両党系の県政与党会派「未来にいがた」は当面推移を見守る方針を確認した。