安倍晋三首相は21日、西日本豪雨による災害について、24日に激甚災害に指定すると表明した。国の補助率がかさ上げされる激甚災害の適用対象に公民館や図書館、私立学校も加える考えを示し「自治体は財政措置を心配することなく、安心して迅速に復旧へ取り組んでほしい」と呼び掛けた。視察先の広島県呉市で記者団に述べた。

 首相は、被災して休業を余儀なくされた企業や労働者の支援に向けて「実際には離職していなくても、離職者とみなして手当を受けられるようにする」と述べた。

 これに先立ち、広島県熊野町と呉市の土砂崩れ現場を視察。熊野町では団地に土砂が流入した状況の説明を受けた。