安倍晋三首相は22日、官邸で開かれた西日本豪雨の非常災害対策本部会合で、農林漁業者や中小企業が大きな被害を受けたことを踏まえ、産業の復興などに向けた対策を早急に策定するよう指示した。「事業者に明日への希望を生み出す必要がある。被災者の生活再建やなりわいの復興へ対策パッケージをまとめてほしい」と述べた。財源は予備費などの4千億円を活用する。

 パッケージは、農林漁業者のほか、設備に被害を受けた中小企業への支援、観光業への風評被害対策、被災地に多く残る土砂の早期除去などが柱になるとみられる。首相は「地域の特性を踏まえたきめ細かな対策が必要だ」と強調した。