岩屋毅防衛相は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した県への対抗措置として、行政不服審査法に基づいて国土交通相に審査を請求し、撤回の効力停止を申し立てたと表明した。防衛省で記者団に「普天間飛行場の危険性除去と返還を一日も早く実現できるよう努力する」と述べた。玉城デニー県知事は「知事選で示された民意を踏みにじるもので、到底認められない」と反発した。県庁で記者団に述べた。

 岩屋氏は沖縄県知事選の結果を「真摯に受け止める」としつつ「大きな目的を達成するために前に進めたい」と明言した。