参院議院運営委員会は28日、与党などの賛成多数で、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案の趣旨説明と質疑を行う参院本会議を同日午後4時に開会すると決めた。安倍晋三首相が出席する。野党は反対した。野党は参院法務委員会開催の定例日順守などを与党に求めており、参院審議は冒頭から対決色が強まった。

 議運委に先立ち、自民党の関口昌一参院国対委員長と立憲民主党の芝博一参院国対委員長が協議。芝氏は定例日順守のほか、法務委への首相出席や関連する委員会との連合審査の開催なども要求した。関口氏は即答を避けた。