麻生太郎副総理兼財務相は11日の記者会見で、野党議員に暴言を吐いた自民党議員を擁護したとも取れる発言をしたことについて、立法府に介入する意図はなかったとして、撤回する考えを示した。

 麻生氏は「とにかく、立法府の話について、われわれがごちゃごちゃ言うようなつもりで言ったんじゃなかった。その点がもし、そういうふうに取るのなら、その点は撤回します」と述べた。

 麻生氏は9日、北九州市で開かれた自民党の大家敏志参院議員の会合であいさつし、「あれで暴力と言われたら、とてもじゃない。この種の話ではめられたり、いろいろ作られたりする話はしょっちゅうだ」と述べた。