沖縄県の玉城デニー知事は25日未明、普天間飛行場の辺野古移設のための埋め立てに反対が7割超となった県民投票の結果を受けて県庁で記者団の取材に応じ、政府に対し「決して認めないという県民の断固たる民意を真正面から受け止め、工事を中止するよう強く求める」と訴えた。

 黒色スーツ姿の玉城氏は冒頭、張りのある声で投票者数を読み上げた。充実感に満ちた表情を浮かべ「県民投票の結果を受け、辺野古新基地建設の阻止に全身全霊をささげていくことを誓う」と強調した。

 「安全保障の負担は全国民で担うとの考えの下、一人一人が自らの問題として議論してもらいたい」とも語った。