菅義偉官房長官は11日の記者会見で、北朝鮮による拉致問題について「米国、韓国、中国を含む関係国とも緊密に連携しながら、あらゆるチャンスを逃すことなく全力で行動していく」として、早期解決への決意を改めて述べた。米ニューヨークの国連本部で開かれた拉致問題に関するシンポジウムで講演してから1年が経過した所感を問われて答えた。

 拉致被害者の有本恵子さん=失踪当時(23)=の母嘉代子さんが今年2月に亡くなったことに触れ「存命中に帰国を実現できず、申し訳ない思いでいっぱいだ」と強調。拉致被害者の家族が高齢になったとして「一日も早い解決が必要だ」と語った。