政府は14日、新型コロナウイルス感染拡大によって困窮する学生への対策として、1人当たり10万円を給付する方針を与野党幹部に提示した。特に困窮する学生には20万円を給付する。自民党の岸田文雄、立憲民主党の逢坂誠二両政調会長が国会内で開いた会合で文部科学省幹部が説明した。

 対象はアルバイト収入半減などで修学継続が困難になった大学、大学院、短大、専門学校の学生や日本語学校で学ぶ外国人留学生で、約40万人になる見通し。 総額約500億円を見込み、財源は4月に成立した補正予算を含む2020年度予算の予備費を充てる。20万円の支給対象は住民税非課税世帯となる方向だ。