安倍晋三首相は26日の参院厚生労働委員会で、黒川弘務前東京高検検事長を訓告とした処分の決定過程への関与を再び否定した。「法務省が検事総長に訓告が相当と伝え、(稲田伸夫)検事総長も訓告が相当だと判断して処分した」と述べた。黒川氏の賭けマージャン問題を再調査すべきだとする野党議員の要求には「法務省が適切に調査を行った」と拒否した。

 立憲民主党の石橋通宏氏は「法務省に全ての責任をなすりつけ、国民に不信が渦巻いている」と追及。首相は「森雅子法相から報告があり、法務省の対応を了承した。了承したわけだから、私もこの処分に責任を負っている」と反論した。