与党などが18年6月に提出した憲法改正手続きの国民投票法改正案は、今国会成立が見送られる見通しとなった。28日の衆院憲法審査会で、自民党が早期採決を改めて訴えたのに対し、立憲民主党などの野党は、政党CM規制強化を含めた改正の同時実施を主張。双方は折り合えず、日程的に厳しい情勢となった。与党内に、成立までは不可能でも衆院採決を目指す声があり、今後の焦点となる。

 自民党幹部は改正案について「今国会成立は現実的に難しくなった」と言及。国対筋は「衆院採決までは持ち込みたい」と述べた。ただ公明党幹部は「成立しないなら衆院通過にあまり意味はない」との見方を示した。