安倍晋三首相は9日の衆院予算委員会で、自民党の河井案里参院議員の陣営を巡る公選法違反事件に関し「現在捜査中の刑事事件に関する事柄で、私からの答弁は差し控える」と述べた。自民党本部が河井氏側に1億5千万円を提供したことを指摘され「一般論として申し上げれば、政党本部から政党支部への政治資金の移転は何ら問題ない」と重ねて強調した。

 国民民主党の渡辺周氏は1億5千万円の使途について、自民党総裁として党内調査を指示したかどうか質問。首相は「捜査当局が調べていることについて、自民党が調べることはできない」と語った。