リニア中央新幹線の静岡工区を巡り、国土交通省の藤田耕三事務次官は10日、静岡県庁で川勝平太知事と会談し、自然環境への影響が軽微な範囲で準備工事を容認するよう提案した。川勝氏は「準備工事は本体工事と一体」として難色を示し、記者団に容認しない考えを示した。早期開業に向けた国の打開策が空振りとなり、事態は混迷を深めてきた。国交省は今後の対応を検討する。

 静岡工区は南アルプスを貫くトンネル掘削工事がある。県は掘削により大井川の流量が減る恐れがあると主張。JR東海は作業場の整備などの準備工事を求めているが、県側に認められず、2027年開業延期を事実上表明している。