外国人の収容と送還のルールを見直す入管難民法改正案を巡り、衆院法務委員会の与野党筆頭理事らは14日、国会内で修正協議を実施した。野党が求める10項目の修正の可否を協議する。