JR東海は17日、東海道新幹線の東京駅ホームの一部で、車両との段差や隙間を縮小する改良工事が完了したと発表した。車いすの乗客が駅員の介助なしでも乗り降りできるようになった。国土交通省が2019年に改訂したバリアフリーに関するガイドラインに沿った対応で、全国の新幹線駅で初めてとしている。

 JR東海によると、六つあるホームのうち四つで、車いす専用スペースを備えた車両が停車する位置にスロープやゴム板を取り付けた。従来5〜8センチあった段差が3センチ、9〜11センチあった隙間が7センチになり、駅員が車両とホームの間に渡り板を置かなくても車いすで乗降が可能になる。