東京五輪の韓国選手団が選手村で提供される福島県産食材を避け、独自の給食センターを設置したことを巡り、日本政府が風評被害を助長するとして韓国政府に対応を要請したことが分かった。韓国政府はセンター設置を指示していないとするが、日本側には日韓の新たな政治問題に発展しかねないとの懸念があり、政府として申し入れた。複数の日本政府関係者が2日、明らかにした。

 関係者によると、申し入れたのは7月下旬。韓国外務省に対し、福島産食材は安全が確保されており誤解を招くとして行動の改善を選手団に促すよう求めた。

 韓国の文化体育観光相は取材に、「政府の指示ではない」と答えている。