立憲民主党の枝野幸男代表は25日、長崎県大村市で街頭演説し、菅義偉首相が継承した安倍晋三前首相の経済政策「アベノミクス」を批判した上で、格差是正に力点を置く政治への転換が必要だと訴えた。「アベノミクスで株価だけ上がったが、私たちの暮らしは良くならない。一人一人の暮らしを豊かにする政策に変えていく」と語った。

 自公政権が自己責任を押し付ける政治を行ってきたとして、「公助」を重視する「支え合う社会」を目指す考えを強調。「みんながそこそこの豊かさを味わうことができる分厚い中間層を取り戻す」と主張した。