政府は14日、新型コロナウイルス対策の全体像の骨格に、感染力が今夏の流行「第5波」の2倍程度になっても対応できる医療体制をつくることを盛り込む方針を固めた。岸田文雄首相が同日の記者会見で明らかにした。15日に骨格を発表し、具体策を肉付けした全体像を取りまとめるよう関係閣僚に指示する。

 首相は「最悪の事態を想定して強力な対策を準備することが必要だ」と指摘。対策の骨格に関し、コロナ患者向け病床と申告されていたにもかかわらず実際には使用できなかった「幽霊病床」の改善にも言及した。「感染拡大時の病床稼働率を8割超まで引き上げる」とも述べた。