総務省は1日、衆院選の投票率が小選挙区55.93%、比例代表55.92%で確定したと発表した。戦後3番目に低い投票率。