日米外相は電話会談で、沖縄県・尖閣諸島が米国の防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認した。台湾海峡の平和と安定が重要だとの認識でも一致した。