安定的な皇位継承策を検討する政府の有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)は22日、国会が求めた女性・女系天皇の是非など皇位継承に関する方策に関し「将来議論を深めていくべきだ」として先送りする報告書をまとめ、岸田文雄首相に提出した。首相は「頂いた報告書を国会に報告するとともに、しっかりと今後の対応を行っていきたい」と述べた。

 報告書は代わりに「皇族数確保が喫緊の課題」とし(1)女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持することとする(2)皇族には認められていない養子縁組を可能とし、皇統に属する男系男子を皇族とする―との皇族数確保策2案を提起した。