JR東海の金子慎社長がリニア中央新幹線の開業時期について「今の時点でめどが立ったということはない」と述べ、大幅に遅れる見通しとなったと明らかにしたことを受け、静岡県の難波喬司副知事は22日「JR東海の説明が不十分だったことが要因だ」と同社のこれまでの対応を批判した。県庁で取材に応じた。

 金子社長は22日の記者会見で、開業が難しくなっているのは「静岡工区の着工ができていないからだ」と指摘した。これに対し難波副知事は「着工の遅れは静岡のせいではない」と強調。国の有識者会議がまとめた中間報告を踏まえて「今後は真摯に対応してほしい」と求めた。