立憲民主党の泉健太代表は24日の記者会見で、細田博之衆院議長が衆院小選挙区定数の「10増10減」を批判したことについて苦言を呈した。「少しイレギュラーであり、議長としては発言を控えた方がいい」と述べた。

 同時に「(選挙制度は)客観的でなければならない。政党の意図で話をしては1票の格差是正の目的からずれてしまう」と指摘した。

 来年夏の参院選を巡り、国民民主党とは改選1人区に加え改選複数区でも候補者調整が必要だとの認識を改めて強調。参院選に向けた合流についての質問には「力を合わせてもらいたいとの声がある。あらゆるものを常に検討している」とした。