安倍晋三元首相は26日放送のBSテレ東番組で、成長を重視する自身の経済政策の継続を岸田文雄首相に求めた。「根本的な方向はアベノミクスから変えるべきではない。市場もそれを期待している」と注文した。

 首相が掲げる「成長と分配」による新しい資本主義に関し「社会主義的と捉えられると市場もマイナスに反応する。成長から目を背けると思われないようにしないといけない」と訴えた。

 憲法改正を巡っては「改憲に前向きな日本維新の会が議席を増やした。大きな変化だ」と指摘。来年の通常国会での改憲論議進展に期待を示した。