自民党の河野太郎広報本部長は26日のフジテレビ番組で、来年夏の参院選を見据え、党所属議員による会員制交流サイト(SNS)などインターネットの活用を強化する考えを示した。「地方議員を含め、情報発信を担ってもらう。広報本部が支援する」と述べた。10月の衆院選を振り返り「自民党の発信力は、公明党や共産党に比べ劣ると感じた」と指摘した。

 河野氏は改善に向け、広報本部内に議員によるSNSの活用法を検討する「地方振興室」を設置している。