政府が2〜3月の北京冬季五輪・パラリンピックに派遣される日本選手団を対象に、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を前倒しで実施する方向で検討していることが分かった。新変異株「オミクロン株」が国内外で急拡大する状況を踏まえ、感染予防の観点から必要との意見が政府内で浮上した。複数の関係者が7日、明らかにした。

 冬季五輪の開幕まで1カ月を切る中、対象者や接種の方法について検討を急いでいるとみられる。海外で活動している選手や関係者への対応も焦点となりそうだ。