林芳正外相は28日夜、「佐渡島の金山」の世界文化遺産登録への推薦中止を求めた韓国外務省報道官声明を巡り、韓国側に対し拒否する意向を伝えたと明らかにした。外務省で記者団に「韓国側の独自の主張は受け入れられないと申し入れた」と述べた。

 登録に向けて関係国との話し合いが奨励されているとして「韓国とは誠実に対話し、冷静かつ丁寧に議論したい」とも語った。

 中国や北朝鮮の軍事的脅威に連携して対処するため、米国には日韓関係悪化への懸念がある。林氏は推薦を巡り、米国と意思疎通していると説明した。