デジタル庁の事務方トップを務める石倉洋子デジタル監(73)が近く退任することが23日、分かった。体調不良で業務遂行に支障が生じていることなどが理由。就任から1年足らずで退くことになる。後任には民間出身の同庁幹部を充てる方向で調整している。

 石倉氏は昨年9月のデジタル庁発足とともに就任し、外資系コンサルタント会社での勤務経験や、企業の経営戦略を専門とする知見を生かした組織運営を期待されていた。

 しかし政府関係者によると、就任早々から体調を崩して職場に出勤できなくなり、最近はリモートワークが続いていた。

 石倉氏は神奈川県出身の一橋大名誉教授。