岸田文雄首相は27日午前、人工知能(AI)といった最新技術を使って社会的な課題解決に取り組むスタートアップ(新興企業)の起業家らを官邸に招き、車座で対話した。自身が掲げる「新しい資本主義」では社会問題解決と経済成長の両立をうたっており、6月までに策定する実行計画に現場の声を生かす考えだ。

 首相は「新しい課題の解決は大きなテーマだ。起業家の姿勢は『新しい資本主義』と重なる部分がある」と述べ、新興企業の育成を後押しする考えを示した。

 対話には20、30代を中心とした起業家らが参加した。