任期満了に伴う新潟県知事選は29日投開票の結果、無所属現職花角英世氏(64)=自民支持=が無所属新人の会社役員片桐奈保美氏(72)=共産、れいわ、社民推薦=を破り、再選を果たした。花角氏は東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に関し、県独自の検証作業を進めた上で「責任を持って私の考えを県民に説明し、県民の意思を確認するプロセスを経たい」と新潟市内で述べた。

 意思確認の方法を記者団に問われ「私自身の選挙も当然あると思う」と語り、出直し知事選の可能性を否定しなかったものの「今、決めているものはない」とした。投票率は49.64%で前回を8.61ポイント下回った。