日本政府は4日、中国の海洋調査船が沖縄県・石垣島北方の排他的経済水域(EEZ)で、同意なく科学的調査を実施した可能性があるとみて中国側に抗議した。外務省が発表した。現場は、中国が領有権を主張する尖閣諸島の周辺海域。

 外務省によると、海上保安庁が4日正午過ぎ、石垣島の北約73キロの東シナ海で確認。海洋調査船「東方紅3」がクレーンで観測機器のようなものを海中に投下していた。日本のEEZ内で中国の海洋調査船の活動が確認されたのは3月以来。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、調査船に対し、日本の同意を得ない調査活動は認められないと警告した。