公明党の山口那津男代表は14日の記者会見で参院選公約を正式発表した。安全保障分野を重点政策に位置付け「専守防衛の下、防衛力を着実に整備・強化する」と明記。憲法への自衛隊明記も従来の「慎重に」の文言を削除し、検討へ前向きな姿勢を示した。ロシアのウクライナ侵攻や北朝鮮情勢を踏まえ、保守色の濃い異例の内容となった。

 公約は「日本を、前へ。」をキャッチコピーに、経済・雇用、社会保障、外交・安保など六つの重点政策を柱に据えた。

 防衛力強化を訴える一方、裏付けとなる防衛費に関し「予算額ありきでない。真に必要な予算の確保を図る」として、研究開発費などを例示した。