【エルマウ共同】岸田文雄首相は27日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれているドイツ南部エルマウで、バイデン米大統領と短時間会談した。7月下旬にも開催される「日米経済政策協議委員会」(経済版2プラス2)の初会合に向け緊密に連携する方針を確認した。日本政府関係者が明らかにした。

 両首脳はロシアが侵攻を続けるウクライナへの支援で協力を継続することも申し合わせた。日米同盟の強化と「自由で開かれたインド太平洋」実現の推進も確認した。

 経済版2プラス2では、半導体をはじめとした重要物資の供給網強化などについて協議するとみられる。