超党派でつくる日韓議員連盟の額賀福志郎会長(自民党)は19日、韓国の朴振外相と東京都内のホテルで会談した。朴氏は元慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意を尊重する意向を表明した。会談後、額賀氏が記者団に明らかにした。岸田文雄首相は午後にも朴氏と面会する方向で調整している。

 額賀氏によると、元徴用工問題を巡る訴訟に関し、差し押さえられた日本企業の資産が現金化される前に望ましい解決策を見いだす重要性を朴氏と共有した。

 会談後、銃撃された安倍晋三元首相の死去を悼み、朴氏を含む韓国側弔問団が自民党本部を訪問。茂木敏充幹事長と会う予定。