林芳正外相は2日、韓国の尹徳敏駐日大使と外務省で面会した。尹氏の7月中旬の着任後、両氏が会うのは初めて。尹錫悦政権は日韓関係の改善に意欲を示しており、双方が元徴用工問題などの懸案解決に向けて意思疎通を図った形だ。

 文在寅前政権下で任命された姜昌一前駐日大使は、離任直前まで日本の外相と会えなかった経緯があり、日本側の態度が軟化した。尹徳敏氏は面会後、共同通信の取材に対し「お互いに関係改善のために努力しようということだ」と日本語で答えた。面会は約15分間だった。