自民党外交部会などは3日の合同会議で、カンボジアで3日に始まる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会合に合わせた日韓外相会談の開催に応じないよう日本政府に求めた。韓国が7月下旬に実施した島根県・竹島の防衛を想定した軍事訓練や、韓国調査船による竹島周辺の日本領海航行を受けた対応。

 佐藤正久外交部会長は記者団に、竹島を巡る韓国側の対応がエスカレートしていると指摘。「日本の主権は守らないといけない。外相会談に応じれば誤ったメッセージを与え、甘えを認めることになる」と強調した。

 林芳正外相はカンボジアで4日にも朴振外相と会談する方向で調整している。