岸田文雄首相は27日、米ニューヨークで開かれていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議の決裂について、ロシア1カ国の反対が原因だとして「極めて遺憾だ」と述べた。「責めはロシアが負うべきだ」とも語った。公邸からリモートで記者団の取材に応じた。NPTの維持、強化が核軍縮に向けた「唯一の現実的な道だ」とも訴えた。

 今回の会議には日本の首相として初めて出席し、演説。「核兵器のない世界」の実現に向けて、核兵器不使用の継続など5本柱の行動計画を提唱した。「会議を取り巻く環境は非常に厳しく、最後の最後までできる限りの努力を続けたが、非常に残念だ」と語った。