立憲民主党の泉健太代表は、13人の「ネクストキャビネット(次の内閣)」を組織し、ネクスト外務・安全保障相に玄葉光一郎元外相を起用する調整に入った。旧民主党政権で実務を担った議員を中心に登用。泉氏は9日、自身がネクスト首相、長妻昭政調会長がネクスト官房長官に就くと表明した。13日にも両院議員総会を開き正式決定する方針だ。複数の党関係者が明らかにした。

 泉氏は9日の記者会見で、次の内閣を新設する理由について「わが党は現実的な政権を目指す政党だ。政策について論戦できる体制をさらに強化していきたい」と説明し、岸田政権への追及姿勢を強める考えを示した。