政府が安倍元首相の国葬を巡り、国会議員らに送付した案内状の出欠確認のはがきについて、返信の締め切り日を簡易テープなどで修正していたことが12日分かった。8日から13日に変更する内容。岸田首相が8月31日に国葬に関し国会で説明する意向を急きょ表明、9月8日に質疑が実施された。締め切りの修正からは事務作業の混乱ぶりがうかがえる。内閣府の担当者は「発送時期の遅れに伴って手直しした」と説明した。

 元衆院議員によると、案内状は10日に郵送で届いた。返信用はがきの投函締め切り部分に白い修正テープが貼られ「十三日」と手書きで記載があり、削ると「八日」と印字されていた。